台風

台風22号2018たまご最新の米軍進路予想!ヨーロッパ画像と関東関西上陸はいつ?

2018年8月24日(木)フィリピンの北東「フィリピン海」付近に台風22号のたまご(熱帯低気圧)が発生しました。

台風22号の名前は台風委員会に加盟しているタイが付けた「マントック」と呼ばれます。マントックとはフルーツの「マンゴスチン」という意味です。

2018年の台風22号(マンクット)は非常に大きく、沖縄気象台は28日4時に沖縄本島地方に暴風・波浪警報を発表しました。台風は28日の昼前から昼過ぎに最接近する見込みで、夜遅くにかけて暴風に厳重な警戒を呼び掛けています。

非常に勢力の強い台風22号(マントック)の米軍、ヨーロッパの台風進路予想、関東関西への上陸についてご紹介します。








 台風22号2018たまご米軍進路予想図

台風23号についての情報はこちら!

あわせて読みたい
台風23号たまご最新の米軍進路予想!ヨーロッパ画像と関東関西上陸はいつ?東シナ海沖で台風23号のたまごが発生しました。台風23号はバリジャットと名づけられ非常に強い勢力を維持しています。現在は台風23号(バリ...

米軍の8月28日の最新進路予想図によると、九州・沖縄近辺に白い靄がかかっているのが確認できます。

米軍合同警報センター(JTWC)より引用

米軍による進路予想図です。この進路予想を見ると日本海にそのまま進んでくることがわかります。現在沖縄に接近している台風22号ですがこのまま行くと沖縄・九州に上陸する可能性が非常に高いです。

米軍合同台風警報センター(JTWC)より引用

28日の情報では、台風22号は那覇市の南南東約230キロの海上にあって、暴風域を伴いながら

  • 時速約20キロで北に進んでいます
  • 中心の気圧は985ヘクトパスカル
  • 中心付近の最大風速は30メートル
  • 最大瞬間風速は40メートル
  • 中心から半径70キロ以内では風速25メートル以上の暴風

と、非常に強い勢力で沖縄に接近しています。今後の台風22号情報にご注意ください。








 台風22号2018たまごヨーロッパ進路予想図

ヨーロッパ中期予報センターの予想では、台風22号よりも台風21号の動きをとらえています。沖縄県の下の辺りで緑色の濃い部分が台風21号です。

ヨーロッパ中期予報センターより引用

ヨーロッパ中期予報センターの4日前にあたる8月24日の台風進路予想では台風22号のたまごは、あまり発達しないまま中国に上陸するコースとなっていることを発表していました。

28日現在では台風22号の情報よりも21号の情報が多く目立っています。

あわせて読みたい
台風21号2018現在の進路予想図を米軍とヨーロッパから!関東上陸についても!2018年8月28日気象庁は台風21号(チェービー)の発生を発表しました。28日9時の実況では南鳥島近海に存在し中心気圧は1004Hpa...








 台風22号関東関西上陸の日時

8月28日現在沖縄本島地方に台風22号が上陸する恐れが非常に強く、那覇市では最大瞬間風速は40メートルと発表され、南城市糸数では最大瞬間風速28.7メートルを観測しています。

また台風22号よりも台風21号の情報が多く、21号の今後の動きも気になります

台風21号がそのまま西に進み続け、中国大陸方面に行く可能性もあります。しかし台風は高気圧の影響を受け進路を変えることも多いため、大きな被害が出ない可能性もあります。しかし、今後の台風の進路や台風情報を小まめにチェックすることをおすすめします。

また、関東関西への上陸も米軍・ヨーロッパ中期予報センターの台風進路予想では十分に考えられ、9月4日辺りには台風22号、台風21号のどちらかが関東関西へ上陸することも考えられます。今後の動きに注意しましょう。








 まとめ

2018年の台風22号マントックは現在、沖縄県に接近し那覇市や南城市糸数では非常に強い最大瞬間風速を観測しています。また台風22号よりも台風21号の情報が多く、21号の今後の動きも非常に気になります

台風22号の米軍、ヨーロッパ中期予報センターの台風進路予想では関東関西に接近することは十分に考えられ、9月4日辺りに上陸する可能性もあることから、今後の台風情報に十分注意しましょう。

あわせて読みたい
台風21号2018現在の進路予想図を米軍とヨーロッパから!関東上陸についても!2018年8月28日気象庁は台風21号(チェービー)の発生を発表しました。28日9時の実況では南鳥島近海に存在し中心気圧は1004Hpa...