台風

台風21号2018現在の進路予想図を米軍とヨーロッパから!関東上陸についても!

2018年8月28日気象庁は台風21号(チェービー)の発生を発表しました。28日9時の実況では南鳥島近海に存在し中心気圧は1004Hpaであると発表しています。

21号の「チェービー」とは韓国が命名し、意味は韓国語で燕(つばめ)という意味を持っています。

そんな台風21号(チェービー)の米軍やヨーロッパの進路予想、関東関西への上陸はあるのかをご紹介します。








 台風21号2018たまご米軍進路予想図

米軍の8月28日の最新進路予想図によると、北マリアナ諸島近郊に位置していますが、徐々に大きくなりながら移動し9月1日の午後3時頃には硫黄島に接近する進路予想を発表しています。

米軍合同台風警報センターより引用

台風21号の進路も気になりますが、それ以上に日本に近づきながら段々と巨大に成長していることも非常に気になります。今現在は勢力は弱いが、徐々に成長する見込みがあり速度も速くなっていくことが予想されています。

米軍合同台風警報センターより引用

TD25Wと表示されているのが台風21号です。台風21号(TD25W)はこれからグアムの北側を西に向かって進む進路予想です。9月1日に硫黄島の南に接近する進路予想ですが今後、沖縄・九州・四国地方に接近する恐れも十分考えられます








 台風21号2018たまごヨーロッパ進路予想図

8月28日のヨーロッパ中期予報センターの最新情報によると米軍と同じく台風21号をとらえているのがわかります。沖縄県付近に濃い緑色をしているのが台風21号(TD25W)です

ヨーロッパ中期予報センターより引用

当初、台風のたまごとして紹介されていた小さな台風でしたが徐々に勢力を増し台風21号(TD25W)チェービーと名づけられました。発表されている台風21号の今後の進路予想では9月1日に硫黄島付近に接近し9月5日には九州南部近辺に接近する予想が発表されています。しかし台風の進路や勢力は変わりやすいので今後の台風情報に注意が必要です

あわせて読みたい
台風22号2018たまご最新の米軍進路予想!ヨーロッパ画像と関東関西上陸はいつ?2018年8月24日(木)フィリピンの北東「フィリピン海」付近に台風22号のたまご(熱帯低気圧)が発生しました。 台風22号の名前...








 台風21号関東関西上陸の日時

台風21号は28日現在、南鳥島近海に存在しています。

  • 29日9時:南鳥島近海に存在する予報
  • 30日9時:マリアナ諸島
  • 31日9時:非常に強い勢力でマリアナ諸島

と、気象庁から発表されています。このまま日本に接近することなく通過すると良いのですが、強い勢力を保ったままの状態で米軍、ヨーロッパ中期予報センターの進路予想のように9月1日に硫黄島に接近しそのままの勢力で沖縄・九州・四国へ上陸するとなれば関西地方に台風21号が上陸する可能性もあります。

今後の台風21号情報に注意が必要です。








 まとめ

小さな台風のたまごが台風21号となりチェービーと名づけれました。台風21号はまだ南鳥島近海付近に存在していますが、今後非常に強い勢力でマリアナ諸島に接近する恐れがあります。

また9月1日には硫黄島に接近する予報が出ているので今後の台風21号情報が非常に気になります。台風21号は徐々に勢力を増しているのも気になりますので、台風の時期とはいえ台風21号と共に台風22号の今後の進路に注意が必要です。

あわせて読みたい
台風22号2018たまご最新の米軍進路予想!ヨーロッパ画像と関東関西上陸はいつ?2018年8月24日(木)フィリピンの北東「フィリピン海」付近に台風22号のたまご(熱帯低気圧)が発生しました。 台風22号の名前...