紅葉

鳴子峡紅葉2018の見ごろの現在はライブカメラで!混雑状況を知る方法も!

宮城県大崎市の断崖絶壁の上から見るV字峡谷の鳴子峡(なるこきょう)の紅葉は絶景として有名です。鳴子峡の紅葉は日本有数の紅葉スポットとして毎年多くの観光客が訪れます。

鳴子峡の紅葉シーズンには多くの観光客が紅葉が見える鳴子峡レストハウスを目指します。ですので3つある駐車場は朝から満車状態になります。

そんな鳴子峡の紅葉の見ごろ次期予想や混雑状況を知る方法をご紹介します。せっかく紅葉を楽しみに行くので出来るだけ混雑の無い時期に、そして出来るだけ紅葉が美しい時に行きたいですね。ぜひ参考にしてください。








鳴子峡の紅葉2018の見ごろ次期予想

鳴子峡の紅葉は例年の色づき始めは10月中旬ごろと予想されています。ですので紅葉の見ごろは10月下旬から11月上旬と予想されます。

おすすめの紅葉を楽しむスポットは鳴子峡レストハウスの見晴台です。

【交通アクセス】

  • 電車:JR鳴子温泉から車で約10分またはJR中山平温泉から車で約5分
  • 車:東北自動車道古川Cから約50分

【駐車場】

  • 中山平側入口の駐車場は有料(有料期間10月中旬~11月中旬)

【お問い合わせ】

  • 鳴子観光・旅館案内センター:0229-83-3441
  • 鳴子峡レストハウス:0229-87-2050

鳴子峡レストハウスから大深沢橋を入れた写真は有名で、多くの観光客がここで写真を撮ります。

鳴子峡の崖の高さは80m~100mで、幅の狭い所で10m、広い所では100mの「V」字谷が作られています。その切り立った鳴子峡谷の両側には、

  • 立石
  • 衝立石
  • 獅子岩
  • 仁王岩
  • 虫喰岩
  • 九曜岩
  • 烏帽子岩
  • 天柱岩

などの奇岩怪石がそびえ立ちその雄大な光景は圧巻で、多くの雑誌や写真などで有名です。鳴子峡レストハウスの裏から鳴子峡の崖をつなぐ大深沢橋を観た景色を写真に撮ることができるのでおすすめです。








鳴子峡の紅葉をリアルタイムで知る方法

紅葉シーズンには非常に混雑が予想される鳴子峡ですが、紅葉状況をリアルタイムで知る方法や訪れた方の情報などをご紹介します。

残念ながら今現在、鳴子峡のライブカメラはサービスが終了してしまいました!紅葉状況を知るためには、実際に訪れた方の情報を知る必要があります。
Twitter情報やfacebook情報をチェックする方法や鳴子観光・旅館案内センターで、鳴子峡の紅葉状態を聞くこともできます。

【お問い合わせ】

  • 鳴子観光・旅館案内センター:0229-83-3441
  • 鳴子峡レストハウス:0229-87-2050

せっかく鳴子峡に行くのですから、紅葉状況も混雑状況も知りたいですね。事前にチェックすることで鳴子峡のダイナミックな紅葉を楽しむことができます。例年10月下旬から11月初旬のわずか2週間だけの貴重な鳴子峡の紅葉なので、調べておくことをおすすめします。








混雑状況を知る方法

せっかく紅葉を楽しみに行ったのに大混雑で紅葉を楽しむどころか逆に疲れてしまった・・・なんてならないように、鳴子峡に行く前に事前に混雑状況を知ることは大変重要です。

鳴子峡は紅葉シーズンは渋滞してしまうということを前提で、渋滞を回避する方法をご紹介します。鳴子峡の紅葉シーズンの大渋滞は、鳴子峡レストハウスの駐車場に入る車の列で渋滞します。鳴子大橋までは国道47号線ではなく江合川の対岸の道路を進めばスムーズに行くことが可能です。

しかしそこから先は47号線を通るしかないため、渋滞に巻き込まれる可能性が非常に高くなります。国道47号線は片側一車線で追い越し禁止のため進まなくなるので、ここで大渋滞にまきこまれる可能性が非常に高くなります。

鳴子峡レストハウスの駐車場は第1駐車場~第3駐車場の3つに分かれていますが、その収容台数はわずか150台ほどなので紅葉シーズンは駐車場に止めるために大渋滞が起こります。

この駐車場の利用時間と利用料金は

  • 利用時間:午前7時30分~午後16時00分
  • 利用料金:普通車500円、バス(中型)700円、バス(大型)1,000円、バイク200円

渋滞を回避するには、駐車場が朝は7時30分から空いているので、8時前には駐車場に到着できるようにしましょう。また紅葉シーズンのピーク時は朝9時から満車になるため出来るだけ早い時間に駐車場を利用することをおすすめします。








まとめ

県外からも多くの観光客が訪れる鳴子峡の紅葉を楽しむには、混雑情報をこまめにチェックされることが大切だということがわかりました。車で行く際には駐車場の台数も限りがあるので、電車で行くことをおすすめします。

それでも車で行く際には

  • 8時前に駐車場に到着する
  • 駐車場の混雑状況を事前に確認する

以上をおすすめします。

また渋滞を想定して電車で行く際には
仙台駅→古川駅→中山平温泉駅→鳴子峡というルートで2時間ほどかかります。古川駅で陸羽東線に乗り換えます。車窓からも紅葉を楽しむことが出来るのでおすすめです。

また鳴子温泉駅で新圧駅に乗り換えて、中山平温泉駅に向かいますが紅葉シーズンは減速してくれるそうです。新圧息の場合は進行方向右側が良い景色が見れるので、ぜひ右側の席に座ってください。

RELATED POST