紅葉

高台寺の紅葉2018のライトアップの日程と時間!混雑情報についても!

秋の京都といえば紅葉に色づく寺院をイメージしますが、そんな秋の京都の代表的な一つである高台寺は枝垂桜と紅葉が見事に映える蒔絵の寺です。高台寺は夫である豊臣秀吉の菩提を弔うために北政所(高台院)が建立しました。

境内にある北政所の墓所、霊屋(みたまや)は、高台寺蒔絵と呼ばれる桃山時代の蒔絵がふんだんに使われていることで有名で、北政所が所有していた蒔絵の調度品が多数残されていることから、蒔絵の寺という別名もあります。

そんな高台寺の紅葉時期は毎年多くの観光客で賑わいます。そんな紅葉シーズンの高台寺の混雑状況やライトアップ情報をご紹介します。








高台寺のライトアップ情報

高台寺の紅葉の見ごろ時期は11月中旬から12月上旬です。しかしモミジの種類によっては10月中旬から色づき始めます。高台寺では紅葉がシーズンになるとライトアップされ、昼間の高台寺とまた違った印象の夜の高台寺を楽しむことができます。

高台寺 特別公開「展望台」

  • 期間:平成30年10月19日(金)~12月9日(日)
  • 拝観時間:午前9時~午後10時(日没後ライトアップ/午後9時30分受付終了)

アクセス方法

  • 場所 京都府京都市東山区高台寺下河原町526
  • 営業時間 9:00~17:00、夜間特別拝観 17:00~21:30(予定)
  • 休業期間 年中無休

バス

  • JR京都駅から市バス206系統東山通北大路バスターミナル行きで17分、東山安井下車、徒歩7分
  • 阪急 河原町駅・京阪 祇園四条駅から市バス207 東山安井下車、徒歩7分

バスを利用する場合東山安井停から徒歩7分で料金も230円とリーズナブルです。またタクシーを利用すると道中混雑していない場合1500円ほどで到着できます。

鉄道

地下鉄京都市烏丸線、四条駅下車

四条駅下車後徒歩になりますので所要時間は30分程度で料金は210円です。時間的にはタクシーの利用が一番早く到着できます。

  • 名神高速道路京都東ICから国道1号を東山五条方面へ車で8km。
  • 駐車場:有料駐車場あり(100台)
  • 1時間まで600円、以降30分ごとに300円、拝観の場合は1時間無料。








高台寺の紅葉時期の混雑状況

高台寺は京都内では人気No1、全国でもNo2と、とても人気の高い紅葉スポットです。ですので11月中旬~12月上旬の紅葉シーズンは大変混雑します。特に10月19日から始まるライトアップは大変人気で毎年多くの観光客が訪れます。

混雑を感じずゆっくり高台寺の紅葉を堪能したいのであれば、是非開門時間に訪れることをおすすめします。

しかし、紅葉の時期ですので夕方やライトアップの時間にどうしても見たい!という方は

  • ライトアップ初日の日没を狙う
  • 平日に行く

以上をおすすめします。紅葉シーズンの高台寺は土日祝日は特に混雑が予想され、ゆっくり紅葉を堪能するのは不可能に近いです。それ程素晴らしい紅葉で、多くの方を魅了しているということなので、しょうがないのですが。

しかしせっかく高台寺の紅葉を見に行くのであれば出来るだけ人が少ない日、時間に行くことをおすすめします。








まとめ

高台寺の紅葉シーズンの混雑状況やライトアップ情報をご紹介してきました。ライトアップ期間は平日でも混雑が予想され、チケットを買うのにも並ばないと行けないほどとの情報がありますが、それほど人気で人々を魅了する素晴らしい紅葉が待っているということですね。

紅葉時期の高台寺へは、平日の早い時間とライトアップの時間であれば平日の日没を狙っていくことをおすすめします。また足を運ぶ前に事前に訪れている方のTwitter情報をチェックすることをおすすめします。

RELATED POST