紅葉

高台寺の紅葉2018の見ごろ時期と現在の状況を知る方法!

慶長11(1606)年、豊臣秀吉を想ったねねが、亡き夫を弔うために開いたお寺が高台寺です。開山堂、霊屋、観月台、茶室の傘亭・時雨亭など開山時の建物が現存していて京都の観光名所の一つとして有名です。そんな高台寺は紅葉シーズンにはたくさんの観光客で賑わいを魅せます。

そんな高台寺の紅葉の見ごろ時期や、現在の様子を知る方法についてご紹介します。








高台寺の紅葉の見ごろ時期

高台寺の紅葉の見ごろ時期は11月中旬から12月上旬です。10月下旬から徐々に色づき始める紅葉は11月中旬辺りから見ごろ時期を迎えます。詳しい高台寺の紅葉の様子を知りたい方は、高台寺の紅葉を見に行っている方のTwitter情報をチェックすることをおすすめします。

また天気や気温で紅葉の咲き始めが多少前後するので、高台寺の天気をチェックすることもおすすめします。

また、高台寺の紅葉スポットをご紹介します!

臥龍池(がりょうち)・偃月池(えんげつち)

高台寺の臥龍池(がりゅうろう)に映る夜紅葉が水面に映り、より幻想的な世界をみることができます。

万丈前庭

この辺りから紅色に色づいたモミジの紅葉を眺めることができます。万丈前庭の白砂に美しい紅葉を眺めることができます。

圓徳院(えんとくいん)

高台寺から少し離れた場所にあり、秀吉の妻ねねが伏見城から移築させた雅やかな庭園です。こちらから眺める紅葉は見事で高台寺にいらした際に一緒に紅葉を楽しむことをおすすめします。

圓徳院のアクセス方法

  • JR京都駅・近鉄京都駅から市バス206(東山廻り)→東山安井停下車→東へ徒歩5分
  • 阪急河原町駅・京阪祇園四条駅から市バス207→東山安井停下車→東へ徒歩5分
  • JR京都駅・近鉄京都駅からタクシーで約15分

高台寺と圓徳院どちらも行く場合、共通割引拝観券900円がおすすめです。








高台寺の紅葉の現状を知る方法

高台寺の紅葉の見ごろ時期はわかったけれど、実際今はどのくらい咲いているのか気になるところです。高台寺は公式Twitterやfacebookを開設していないので、高台寺の紅葉の現状を知る方法は
高台寺の紅葉を実際見に行かれた方のTwitter情報を知る方法が一番有力です。ヤマモミジやイロハモミジの紅葉を楽しめる高台寺ですが、場所によってはまだ紅葉していなかった、、、行ったら散りはじめだった、、、なんてことにならない様に、事前にチェックすることをおすすめします。
拝 観 時 間
9:00〜17:30 (17:00受付終了)
拝観される方はお早めにご入場ください。
高台寺の昼間の紅葉を楽しみたい方は、是非、受付終了前の16時までに入り、夕日に染まる紅葉を楽しむことをおすすめします。また紅葉時期にはライトアップがされるので、昼間と違った印象の紅葉を見比べることもおすすめします。








高台寺の紅葉のアクセス方法

高台寺では紅葉がシーズンになるとライトアップされ、昼間の高台寺とまた違った印象の夜の高台寺を楽しむことができます。そんな高台寺のアクセス方法をご紹介します。

アクセス方法

  • 場所 京都府京都市東山区高台寺下河原町526
  • 営業時間 9:00~17:00、夜間特別拝観 17:00~21:30(予定)
  • 休業期間 年中無休

交通機関

JR京都駅から市バス206系統東山通北大路バスターミナル行きで17分、東山安井下車、徒歩7分

  • 名神高速道路京都東ICから国道1号を東山五条方面へ車で8km。
  • 駐車場:有料駐車場あり(100台)
  • 1時間まで600円、以降30分ごとに300円、拝観の場合は1時間無料。








まとめ

京都の観光名所である高台寺の紅葉情報をご紹介してきました。紅葉シーズンの高台寺は大変混雑が予想されます。特にライトアップ時期は土日終日は混雑が予想され、ゆっくり紅葉を楽しむことも難しい可能性があるので、ゆっくり紅葉を堪能したい方は是非平日の早い時間帯をおすすめします。

RELATED POST