紅葉

新宿御苑の紅葉2018の見ごろ時期と現在状況を知る方法!ライトアップについても!

明治39年に皇室の専用の庭園として作られた新宿御苑(しんじゅくぎょえん)は、敷地内に日本庭園・フランス庭園・イギリス風景庭園の3つの庭園を楽しむことが出来る絶景紅葉スポットの一つです。紅葉シーズンには3つの庭園それぞれの特性を生かした紅葉を楽しむことが出来、世界中から紅葉を楽しもうと多くの観光客が訪れます。

そんな新宿御苑の紅葉の見ごろ時期や現在状況を知る方法、ライトアップ情報をご紹介します。








新宿御苑の紅葉の見ごろ時期

新宿御苑の紅葉は毎年ハナミズキの紅葉が少し早いので11月上旬から徐々に色づき始め、見ごろ時期は11月中旬から12月上旬です。代表的な広葉樹はハナミズキ・ユリノキ・プラタナス・カエデ・イチョウです。

紅葉は天候に左右され色づき始めが多少前後するので、行く前に実際に新宿御苑の紅葉を見に行かれた方のTwitter情報を知ってから行くことをおすすめします。また、事前に新宿御苑の天気をチェックすることもおすすめします。

【入園料】

  • 大人200円 小中学生50円
  • 年間パスポート:大人2000円 高校生1000円 小中学生500円

【開園時間】

  • 9:00~16:00(16:00入園終了・16:30閉園)
  • 11月1日~15日間は無休 通常:月曜日休み
  • 温室:9:30~15:30(15:30入園終了・16:00閉館)
  • 食堂(レストランゆりのき・カフェはなのき):9:00~16:00
  • 茶室:10:00~16:00
  • インフォメンションセンター(アートギャラリー):9:00~16:30
  • 散策部:9:00~16:30








新宿御苑の紅葉の現在状況を知る

新宿御苑の紅葉は11月中旬から12月上旬ですが、実際の紅葉の状況を知るためには、訪れた方のTwitter情報をチェックすることをおすすめします。

ハナミズキの紅葉のピークが11月上旬なので、あえて少し早めの11月上旬に紅葉狩りに行くのも混雑を回避できて良いでしょう

新宿御苑は3つの庭園に分かれているので、それぞれの庭園の見どころをご紹介します。

【日本庭園】

カエデの木が多く、真っ赤に紅葉することから、燃えるような紅色の庭園を眺めることができます。

【フランス庭園】

プラタナスの並木道が有名です。黄色に色づいた並木道はとてもロマンティックです。

【イギリス風景園庭】

広大な芝生に紅葉した樹木が色づき、開放感あふれる庭園でゆっくりとくつろげるのが魅力的です。








新宿御苑の紅葉のライトアップ情報

広大な敷地の新宿御苑の紅葉をライトアップで楽しみたい!と思いますが残念ながらライトアップは行われていません。閉園時間は16:30と早いので、昼間の時間に新宿御苑の紅葉を楽しみましょう。

また新宿御苑は東京ドーム12個分、58ヘクタールもあり、入り口が3つあります。目的地によって最寄り駅が違うのでご注意ください。

日本庭園に向かう方は「新宿門

  • 最寄り駅:JR新宿駅
  • JR新宿駅南口を出て目の前の通り(甲州街道)を左手に進んでいくと10分ほどで右手側に新宿門があります。

イギリス風景式庭園に向かう方は「大木戸門

  • 最寄り駅:新宿御苑前駅
  • 新宿御苑前駅2番出口から出て目の前にある横断歩道を渡り、突き当たりを左方向に曲がり、道なりに進んでいくと5分ほどで大木戸門に着くことができます。

フランス庭園に向かう方は「千駄木門

  • 最寄り駅:JR千駄ヶ谷駅
  • 千駄ヶ谷駅を出て右手に直進、最初の角を右に曲がります。高速道路と電車の高架をくぐり、道なりにまっすぐ進んでいくと5分ほどで右手に千駄ヶ谷門が見えます。








まとめ

東京ドーム12個分の莫大な敷地に3つの庭園がある新宿御苑の紅葉の見ごろ時期や現状を知る方法をご紹介してきました。残念ながらライトアップは行われていませんが、11月1日~15日は無休なので、少し早めの紅葉を楽しめるのも魅力的です。この期間は月曜日に行くと比較的すいていると思われます

新宿御苑の紅葉を見に行かれる際は

  • 事前に訪れた方のTwitter情報をチェックする
  • 新宿御苑の天気予報をチェックする

以上を行うと更に新宿御苑の紅葉を楽しむことが出来るのでおすすめです。

RELATED POST