エンタメ

下町ロケットの過去見逃し動画を見る方法2015と2018どこが違う?竹内涼真も

10月14日からスタートする「下町ロケット」は阿部寛さん、土屋太鳳さん、竹内涼真さんと注目のキャスト以外にも演技力が話題な大物俳優が出演すると放送前から大きな話題を集めています。

そんな「下町ロケット」ですが2015年に放送された「下町ロケット」の続編として2018年のドラマはスタートします。ここでは2015年の「下町ロケット」をもう一度見たい方やまだ見ていない方に無料で観れる方法や続編との違いをご紹介していきます!

「下町ロケット」2015のあらすじ&キャスト

2015年10月17日から放送された「下町ロケット」ですが観ていた方も忘れてしまっている方も多いと思います。2015年「下町ロケット」のあらすじです。

あらすじ

元宇宙科学開発機構の研究員で、現在は父親が遺した下町の工場で経営者として第二の人生を送っている佃航平(阿部寛)。年頃の娘・利菜(土屋太鳳)との仲は多少ギスギスしているものの、経営は順調で次第に業績を上げていく佃製作所。

しかし、あきらめきれない自分の夢であるロケットエンジンの開発に力を入れすぎ、少しずつ業績は下降気味に。

ある日、大手取引先である京浜マシナリーから突然取引中止を宣告されてしまう。大口の取引先を失い資金繰りに窮した佃は運転資金を確保するため、経理部長の殿村(立川談春)とメインバンクである白水銀行へと向かうが、銀行からは実用の目処が立たない水素エンジンを継続して開発していくのであれば、新たに融資をするのは難しいと言われてしまう。

メインバンクからの貸し渋りを受け、途方に暮れる佃たちであったが、そこに新たな問題が。なんとライバル企業のナカシマ工業から特許侵害で訴えられてしまったのだ

。清廉潔白の佃製作所ではあるが、大手企業から訴えられるという事実により評判は地に堕ち、銀行からの融資も絶望的な状態に。佃製作所の技術が狙いであるナカシマ工業は姑息な法廷戦略で裁判を長引かせ、じわじわと体力を奪っていく。

そんな中、日本を代表する大企業・帝国重工は純国産のロケット計画にまい進していたが、自社で開発したバルブシステムが、佃製作所が所持している製品特許に触れるものだと判明。何としても、バルブシステムの問題を解決しなければならない宇宙航空部の財前部長(吉川晃司)が取った行動とは…?

TBSより引用

2015年の「下町ロケット」1話のあらすじです。1話目から難題に直面していますが、放送回数を重ねるごとに人間関係も複雑にそして難題を一つ一つ解決し前進していきます。

元宇宙科学開発PMEAの面談もパスし、大型動物での実験に着手した新型人工弁“ガウディ”。順調な進捗具合に喜ぶ佃(阿部寛)だったが、同時にガウディの完成を待つ聖人(庵原匠悟)の容態が芳しくないと一村(今田耕司)から報告を受ける。聖人を救うには、一刻も早くガウディの臨床治験を目指さなければならない状況だ。

そんな中、コアハートの耐久性に疑念を募らす中里(高橋光臣)は、現行バルブの実験記録を参考にしたいと、データを管理するマネージャーの月島(福田転球)に見せてくれるよう頼み込む。その完璧に近い実験データを前に息を飲む中里だったが、横田(バカリズム)は、その完璧すぎる数値に疑いを持つ。

一方、あるルートからコアハートに関する実験データを入手した倫子(高島彩)は、その分析を佃らに頼む。しかし、その数日後、佃製作所の計測機器だけではデータ偽装の真偽までは突き止められなかったと山崎(安田顕)、埜村(阿部進之介)から報告を受けた佃は、財前部長(吉川晃司)へ連絡を取り、あることを頼み込む。その頼みとは!?

見逃してしまった「下町ロケット」をTVerで見ることができます!1話だけではなく最終話まで見ることが可能です!

latte
latte
続編がスタートする前に「下町ロケット」が観れるから予習できるね!

あわせて読みたい
U-NEXTの登録方法!スマホでも簡単&ソフトバンク、ドコモ、auのキャリア決済の種類も!U-NEXT(ユーネクスト)に登録しようと思うけど、実際どういう登録手順かな?簡単に登録できるのかな?など登録前にU-NEXTの登録の流...

2015年キャスト

2015年と2018年の共通しているキャストをご紹介します。

  • 阿部寛 (佃航平 役)
  • 立川談春 (殿村直弘 役)
  • 安田顕 (山崎光彦 役)
  • 中本賢 (津野薫 役)
  • 谷田歩 (唐木田篤 役)
  • 和田聰宏 (江原春樹 役)
  • 今野浩喜 (迫田滋 役)
  • 竹内涼真 (立花洋介 役)
  • 真矢ミキ (和泉沙耶 役)
  • 土屋太鳳 (佃利菜 役)
  • 倍賞美津子 (佃和枝 役)
  • 杉良太郎 (藤間秀樹 役)
  • 木下ほうか (水原重治 役)
  • 吉川晃司 (財前道生 役)
  • 恵俊彰 (神谷修一 役)
  • 池畑慎之介 (中川京一 役)

2018年の他のキャストも気になりますね!

あわせて読みたい
下町ロケット1話から10話見逃し無料動画を観る方法キャスト&あらすじ2015年放送時に大きな話題になった「下町ロケット」ですが、2018年日曜劇場の秋ドラマで10月からスタートします。阿部寛さんの娘役に土...

2015年「下町ロケット」は2018年の続編とどう違う?

2015年「下町ロケット」の最終話は見事ロケットの打ち上げが成功し椎名が「わたしが開発したこのバルブの方が、佃製よりも30%も信頼性、耐久性が上だ!次のロケット打ち上げのときには俺が取る!」と言いました。航平は「のぞむところだ!!」と熱い視線を椎名に送り終わりました。

2018年放送の「下町ロケット」は7月20日(金)発売の第3弾「下町ロケット ゴースト」のドラマ化です。これまで、特許侵害訴訟、ロケットエンジン用バルブシステム開発、人工心臓弁ガウディ計画など、度重なる困難を力を合わせて切り抜けてきた町工場・佃製作所ですが、今作では、いまや佃製作所の主力商品となっているロケットエンジン用バルブシステムの納入先である帝国重工の業績悪化、主要取引先からの非情な通告、そして番頭・殿村に訪れた危機…と、またしても佃製作所が予期せぬトラブルが襲ってくる展開になるようです!

■見逃してしまった場合
「下町ロケット」をTVerで見る

まとめ

2018年の「下町ロケット」続編の放送前に2015年放送分の「下町ロケット」をTVerで見ることができます!気になる方は是非続編の放送前にご覧になってください。

2018年秋ドラマは話題のドラマやキャストが勢ぞろいしていますが中でも「下町ロケット」への期待は非常に高いです。1話の放送が待ち遠しいですね!

RELATED POST