スポーツ

箱根駅伝の歴代の区間記録保持者や幻について!2019年の注目選手も

第95回箱根駅伝の開催が近づき出場校や選手に注目が集まっています!そこで今回は歴代の区間記録保持者や幻の区間新記録について調べていきます!また2019年に注目の区間新記録が期待される選手についても調べていきます!

latte
latte
歴代の区間新記録保持者も気になるけど幻の区間新記録ってなに?








箱根駅伝の歴代の区間新記録保持者について

それでは箱根駅伝の歴代の区間新記録保持者について調べていきましょう!

第1区 21.3㎞

  • タイム 1時間01分06秒
  • 選手 佐藤悠基
  • 大学 東海大
  • 年(回数) 2007年(第83回)

両足にけいれんも出たが、区間記録を7秒更新するという快挙をみせました!2位に4分以上の大差をつけたすばらしい記録です。








第2区 23.1㎞

  • タイム 1時間06分4秒
  • 選手 モグス
  • 大学 山梨学院大
  • 年(回数) 2009年(第85回)

「花の2区」で明大・石川選手と早大・尾崎選手を抜き、先頭に立ったモグス選手の活躍に注目が集まりました!








第3区 21.4㎞

  • タイム 1時間01分38秒
  • 名前 コスマス
  • 大学 山梨学院大
  • 年(回数) 2012年(第88回)

3区を1時間01分という快挙を見せたコスマス選手に沿道からも大きな声援があがりました!








第4区 18.5㎞

  • タイム 54分28秒
  • 名前 田村和希
  • 大学 青学大
  • 年(回数) 2015年(第91回)

この写真は7区を走った時のものですが、この田村選手の目線の先には7区の中継で有名なあのフリーザの姿が!

あわせて読みたい
箱根駅伝7区のフリーザは2019年も現れるか?!正体は誰?第95回箱根駅伝の開催が近づき出場校や各校の選手に注目が集まっています!そんな中、箱根駅伝の中継を見たことがある方にはご存知のコスプレ軍...

田村選手のゴールをした後の笑顔は有名ですね。








第5区 23.2㎞

  • タイム 1時間16分15秒
  • 名前 神野大地
  • 大学 青学大
  • 年(回数) 2015年(第91回)

両手を挙げてゴールした神野選手が大きな話題になりました!








第6区 20.8㎞

  • タイム 58分09秒
  • 名前 秋山清仁
  • 大学 日体大
  • 年(回数) 2016年(第92回)


山下りで区間新記録を出した秋山選手は当時は坊主頭でした。








第7区 21.3㎞

  • タイム 1時間02分32秒
  • 名前 設楽悠太
  • 大学 東洋大
  • 年(回数) 2012年(第88回)

設楽選手は現在も活躍が目立っていますね!当時の区間新記録はいまだに破られていません。








第8区 21.4㎞

  • タイム 1時間04分05秒
  • 名前 古田哲弘
  • 大学 山梨学院大
  • 年(回数) 1997年(第73回)

古田選手は当時1年生のルーキーでした。1年生でこの記録はすごいですね!当時大きな話題を呼びました!








第9区 23.1㎞

  • タイム 1時間08分01秒
  • 名前 篠藤 淳
  • 大学 中央学院大
  • 年(回数) 2008年(第84回)

9区を走り、3人を抜き区間記録を37秒更新し金栗杯を手にした篠藤選手の活躍に注目が集まりました!








第10区 23.0㎞

  • タイム 1時間08分59秒
  • 名前 松瀬元太
  • 大学 順天堂大
  • 年(回数) 2007年(第83回)

2位以下を大きく引き離した同党たるゴールでした。記録は未だに破られていません。








幻の区間新記録について

2017年、第93回箱根駅伝は青山学院大の3連覇で幕を閉じましたが、その時に「幻の区間賞」が誕生していました!

関東学生連合チームで10区を走った東京国際大の照井明人選手(4年)がなんと1時間10分58秒でゴールしました。その時点で区間トップとなりましたが学連チームはオープン参加のため、記録は参考扱いになってしました。

10区の区間賞はタイム上2位だった順天堂大の作田直也選手(4年)が手にしました。大学の代表として走れない選手が出場することから「寄せ集め集団」と揶揄されてきた関東学連チームです、自分の大学の名前が入ったゼッケンやたすきを着けることができず、結果を出しても記録さえ残らないのは悲しいですね。

記録に残らなくても東京国際大の照井明人選手の10区1時間10分58秒という幻の記録はネット上に残ることになりますね!

第95回箱根駅伝でも関東学生連合で出場する東京大学の近藤さんに注目が集まっています!近藤さんの活躍にも期待しましょう!

あわせて読みたい
東大の近藤秀一の箱根駅伝出場決定!インフルや出身中学や高校は?東京大学の近藤秀一さん(こんどうしゅういち)が第95回箱根駅伝にオープン参加する関東学生連合の出場が決定しました!そこで近藤秀一さんのイ...








第95回箱根駅伝の区間賞候補について!

それでは第95回箱根駅伝の区間賞の候補を見ていきましょう!

  • 青山学院大 小野田勇次選手

大学入学後は1年生の箱根駅伝で区間2位になる!2年生では、全日本大学駅伝区間賞、箱根駅伝区間2位!2019年の活躍も期待されています!

  • 青山学院大 森田歩希選手

箱根駅伝では区間2位となり、今年は主将として期待されています。

  • 青山学院大 林奎介選手

箱根駅伝では7区を走り1時間02分16分の区間新記録を樹立し、大会最優秀選手として金栗四三杯を受賞しました。今回が最終学年という事で期待されています!

青山学院大学の選手中心になってしまいましたが、他の大学にも注目選手はいます!追ってご報告していきますね!








まとめ

第95回箱根駅伝に出場が話題になり選手や出場校に注目が高まっています。今回は区間記録保持者や幻の区間新記録について、第95回の区間新記録の予想をしてきました!知れば知るほど箱根駅伝は魅力的ですね!1月2日にスタートが待ち遠しいですね!

あわせて読みたい
箱根駅伝2019出場校の日程や新入生について!早稲田と日大とシード校についても!第95回箱根駅伝の出場校が決定しました!そこで今回は箱根駅伝出場校や日程、各校の新入生について調べていきたいと思います!青山学院大学、東...
RELATED POST